男が誤解する女性の一言

女性と男性では、

同じ言葉を使っても、

それが意味するところが同じでないことがある。

 

男性は言葉通り、文字通りで、

あまり深い意味や裏はない。

 

女性は、その時の感情を表現している。

特に形容詞は、

その時の感情の度合いを述べているのである。

話の内容を理解してもらいたいのではなく、

感情を共有し、共感してもらいたいのである。

 

女性が、

「仕事と私、どっちが大切なの?」

ときたら、

男性は、それを言葉通りにとらえる。

「そんなの比較できるわけない。仕事も大切だし、君のこともとても大切だよ」

と脳では考える。

 

が、ここで女性に対して、

「寂しい思いをさせてごめん」

と言って、ギュッとハグをすればいいのである。

女性は、「寂しかった」という感情を

「仕事と私、どっちが大切なの?」と表現するのである。

 

女性が、

「どうしてかな、何もかもがうまくいかない」

ときたら、

男性は、それを文字通りにとらえる。

「あなたは何をやってもダメな人ね。

あなたを信用できない。

ほかの男性ならうまくできたと思う。

あなたは事態を悪くしたの」

と自分が言われたと脳では考える。

 

が、ここで女性に対して、

「君はよくやっているよ」

と言って、ギュッとハグをすればいいのである。

女性は、慰めてほしいのである。

 

女性の頭の中では、

「今日は何をやってもうまくいかない。

こんなはずではないんだけど、

まだやらなくてはいけないこともあるし、

私のことを慰めて。

そうすれば私は立ち直れる」

と自分のことなのである。

 

このテーマは、ブログコメントに対応していません。
ファイル名の末尾に「_xxx」等を付けて無効化すると、baserCMSの基本のコメントフォームを呼び出すことができます。