男女共に嫌なこと

男性は、目的や使命を重要視します。

そして、プライドの塊です。

命令されたり、責められたり、

誰かと比較されるのは、大嫌いです。

 

これは女性も同じです。

女性は、パートナーとの関係を重視します。

そして、美しさの塊です。

話を聞いてくれない、共感してくれない、

責められるのは、大嫌いです。

女性は、パートナーとの関係を最も大切に思っているので、

察する能力が高いです。

逆に男性は、察する能力がありません。

 

男女の優先順位は違います。

男性は人間関係よりも、

自分の目的や使命を大切に思うものです。

そして、そうしなければ、

パートナーの女性から信頼を失い、

頼りない人と思われるのです。

そんな察する能力のない、

男性にわかってもらうためには、

女性は具体的に話をするしかありません。

 

プライドの塊である男性には、

具体的に、上手に、

女性は自分の不満や不安、モヤモヤを話し、

伝える必要があります。

 

ここでよくある、ダメなパターンの例をあげておきます。

こんなことで、男性は本当にイヤになります。

禁句です。家庭で男性が察しないと、

女性はイライラします。そ

して、『なんで、やってないの!』と責めるのです。

また、『やって!!』『○○して!』

『言ったでしょ』と命令するのです。

更には、『〇〇ちゃんちのパパは、、、』と比較するのです。

 

責められる、命令される、比較されるのは、

Youメッセージです。

”おまえ”やれよ、”あなた”して、というのがYouメッセージです。

これは、人間嫌なものなのです。あなたは大丈夫ですか。

なんでやってないの、やって、○○して、言ったでしょ、

これはよく耳にする言葉ですよね。

こういう言葉は、男性の心を蝕んでいき、

関係性を壊していきます。

察することができない男性へ、

Iメッセージで思いを伝えていきましょう。

Iメッセージは、自分の思いを伝える話し方です。

「私は、あなたが話を聞いてくれないと、嫌われていると感じて寂しい」

「夜帰ってきて、一息ついてから、私の話を聞いて共感してもらえるととても嬉しい」

このように自分の氣持ちを話す方法です。

 

もちろん女性も責められたり

、命令されたり、比較されるのは嫌いです。

夫婦でお互いに思いやりをもっていくのです。

 

このテーマは、ブログコメントに対応していません。
ファイル名の末尾に「_xxx」等を付けて無効化すると、baserCMSの基本のコメントフォームを呼び出すことができます。