妻の感情に共感する

男性とは、競い張り合うのではなく、

育てて使うと、いい関係を築けるのです。

男性のみなさん、俺たちのプライドは、

実は女性に支えられているのかもしれませんね。

 

それでは、妻との関係性をよくするために、

男性はどうしたらいいのでしょうか。

 

女性は、話を聞いて、共感してもらいたいのです。

女性は問題解決を求めているのではありません。

共感を求めているのです。

ただただ共感してあげてください。

「うん」だけだと、聞いてもらっている氣があまりしません。

「そうなんだね。○○だったんだ」と頷くことに加えて、

オウム返しをするだけで、

かなり聞いてもらっているように感じます。

女性がアドバイスや問題解決を求めていることは、

ほとんどありません。

男性は、女性の話の内容の解決策を答えても無意味です。

どうしても言いたくなったら『アドバイスはいる?』

と聞いてみましょう。

その時の反応があまり乗り氣でなければ、

アドバイスはいらないのです。

 

女性の話をよく聞いて共感することを包容力と言います。

そして、どうしてもアドバイスをするときには、

肯定系を意識しましょう。

否定形の話をすると、関係性を壊すことになります。

妻に、「君もこうすればいいんだよ」と言うと、

言われた妻は自分がしたことを否定されたと思い傷つきます。

夫の言っていることが正しいかどうかは関係ないのです。

そういう時は、妻がどうしたかったのか、

どういう結果を得たかったのかを聞いてあげましょう。

 

このテーマは、ブログコメントに対応していません。
ファイル名の末尾に「_xxx」等を付けて無効化すると、baserCMSの基本のコメントフォームを呼び出すことができます。