婚活時も本音は大切

男女は、好きではなくても結婚ですることができます。

恋愛結婚の場合は、

お互いに大好きという恋愛感情はあると思いますが、

結婚相談所における、お見合い結婚では、

好きという感情から始めるわけではありません。

プロフィールの条件からお互いに選び、

交際を始めて人となりを確認し、

お互いに認め合い、信じあえる、

また人生観も似ていることを確認して結婚することが多いです。

100%希望通りという人はいないですから、

7割くらいを目安にお互いのゴーサインが出ると成婚となり、

相談所を退会します。

で婚約し実際に結婚と進んでいきます。

 

結婚の判断をするときに、話が合わない人とは、

当然にお付き合いにならないと思います。

その時に、どこまで本音を話しているのか。

また相手の本音を引き出せていますか。

 

お互いに認め合い、信じあえる、

また人生観も似ている、この人は思いやりもあると思い、

実際に結婚をすると豹変する人がいます。

入籍した途端わがままになります。

自分の親とは何度も会っても、

夫の親とは直前ドタキャンとなり会わず、

プレゼントも貶され、

それでいて依存されることもあります。

完全に防ぐことは難しいかもしれませんが、

自己主張が強い、そして依存度が高い人はその可能性があります。

 

また、お見合い結婚で、レスであると聞いたことがあります。

結婚してもセックスがないそうです。

俺だったら即離婚ですね。その前に話し合いはしますが。

結婚を決める前に、そのあたりについても、

キチンと向き合い話をすることをお勧めします。

言いにくい時は、

「知り合いがお見合い結婚をしたんだけど、

レスで悩んでいるんだって。

俺はそうなるの嫌なんだよね。

結婚したらしっかりと愛し合いたいと思うんだけど、

あなたはどう思いますか」

とIメッセージで思いの話をして、

相手の思いも聞いてみてください。

 

男は女が好きなんです。

妻を抱けないなんて考えられません。

という本音は言いにくいですよね。

 

パートナーが再婚で子供もいる場合は、

まず、夫婦として、男女として末永く人生を共にできるのかを考えてください。

まずは男と女、次に夫婦、その次に養父や養母として、

または養子縁組までするのかを考えます。

要は夫婦なのです。

男女として、お互いに認め合い、譲り合い、

尊重し合い、関係性を良くし続けていけるのかどうかということです。

妻が夫を立て、夫が妻を喜ばせる。

この関係が築けるのであればいいと思います。

 

人間は、自分が幸せになれる男女関係を築ける相手を見分ける能力があるようです。

しかし、女性がピルを服用中は、

その能力が薬の作用で変化して、結婚してピルの服用をやめると、

無意識がこんな男嫌だ、と騒ぎだすことがあります。

女性がピルを使うことで、男性の体臭の好みが変わったり、

出会ったときにピルを使っていた女性がその後ピルを使用しなくなると、

パートナーにあまり魅力を感じなくなる傾向にあり、

関係が進むとセックスを断る回数が増え、

別れるときは自分から切り出すのです。

ピルを服用している女性は、

結婚を決める数か月以上前にピルの使用を中止し、

コンドームで避妊をし、ホルモンに影響しない避妊法を使うことで、

パートナーに本当に魅力を感じているかどうか再確認することがお勧めです。

 

これから結婚する方へ、そしてすでに結婚している方へ、

『結婚おめでとうございます。これからが学びの本番です。

夫婦は内面の最高の鏡です。夫を立て、妻を喜ばせる、

この夫婦の循環が回り続けることをお祈りしています』

共に頑張りましょう。

このテーマは、ブログコメントに対応していません。
ファイル名の末尾に「_xxx」等を付けて無効化すると、baserCMSの基本のコメントフォームを呼び出すことができます。