和のリーダー

和の精神を持った自立した人間は、

一人一人がリーダーであると言えます。

これからの時代のリーダーには、

和のリーダーシップが求められています。

これで、関係の透明性が保てます。

 

和の精神とは、相手を認めるということです。

相手を認めるとは相手の思いを認めるということです。

思いは認めるけど言いなりになりません。

和して同せずです。

相手の思いに共感して、思いを認めるのです。

 

相手へのフィードバックは、正直で素直に、

かつ早く、また思いやりをもって行います。

相手に対してネガティブなフィードバックは、

人目が無いところで行い相手の尊厳を守ります。

 

リーダーは先陣に立って、誠意、献身し、決断力、行動で、

自立したリーダーたちの間でのリーダーを勝ち取るのです。

リーダーとしてチームの焦点を絞り、正しくあり方を示すのです。

 

また他人をマネージメントするマネージャーの役割の時には、

やり方を語るのではなく、物語を語ります。

親身に厳しく、親と同じように、勇氣の伝道師として励ますのです。

やり方ではなく、得たい結果に集中するように導くのです。

本人が、ありのままの自分でいられるようにすることで、

ありのままの自分の力を発揮できる状態をサポートするのです。

その為には、小さな隙間を埋め、

個々の優しさがチームの優しさになるように、

応援し助け親切にするのです。

 

そして、チームの全員がチームファーストとなるように信頼関係を築くのです。

問題が起きたら、一人ですぐに問題に取り組むのではなく、

まずチームを再構築しチームで問題に取り組むのです。

リーダーが一人で問題に取り組んでもチームとしての問題は解決しません。

 

フィードバックをするときには、

その人の良かったところをまず認める話をします。

『君の〇〇は評判だよ。よかった』、

そして、次にさらに良くするフィードバックを話します。

『君をさらに良くするには、△△すると、こう見える、こう聞こえる、こう感じられるよ』

とさらに良くする話をするのです。

意味合いとしては改善なのですが、

改善と言われると否定された氣持ちも湧き上がってくるので、

さらに良くする話として切り出すのです。

 

リーダーシップを発揮する場はたくさんあります。

職場に限らず、趣味の集まり、友人関係、

家庭など、たくさんあります。

 

仕事は目的に向かうので、わかりやすいです。

家庭のリーダーシップは、目的だけではなく、

その時の感情への共感の比率が上がるので、

学びが多いです。

押しつけではない、

和のリーダーとして立ち上がってみてはいかがでしょうか。

このテーマは、ブログコメントに対応していません。
ファイル名の末尾に「_xxx」等を付けて無効化すると、baserCMSの基本のコメントフォームを呼び出すことができます。

テキスト3

共生パートナー林繁行のブログ

人間は痛みを避けて快楽を得ようとする。あなたの避けるモノ、得たいモノは?

2021-01-18

人間は誰でも、痛みを避けて、快楽を得ようとします。これは、マザーテレサでも、ヒトラーでも、みんな同じです。人により、何をすると痛みで、何をす...

「フラット化する世界」世界は均質化するとともに個別化する

2021-01-17

グローバリゼーションがもたらしたフラットな世界。そこで、自分の仕事がアウトソーシング、デジタル化、オートメーション化されることがない無敵の民...

モンスター・モラハラを見分ける7つの方法、そして終わりもあり得る

2021-01-16

モンスターやモラハラ嫌ですよね。モラハラとは、倫理や道徳といった意味を持つ「モラル」と、いやがらせという意味を持つ「ハラスメント」を合わせた...

身体と言葉の使い方で氣持ちを変える

2021-01-15

あなたは、何かあった時に感情が乱れたことはありませんか。誰かにキツイことを言われた。悲しい出来事があった。怖いことがあった。一時的に様々な感...

相手の自由を奪うことをやめ、お互いの自由を支えあう

2021-01-14

相手の自由を奪うために人格攻撃を繰り返し繰り返し行う人がいます。自分の都合のいいようにパートナーを教育しようとするのです。パートナーの為と言...

AOS