妻の被害者意識が強すぎて困る、、、

男女ともに、自分は正しい、

と皆思っています。

特に女性は、責められる前に、

予防線を張ってきます。

 

察する能力がない男性からすると、

何でこんなこと言うのかな、

ということも間々あるのです。

 

夫が単純に確認の意味で妻に質問すると、

なぜか、違う次元の答えが返ってくるときがあります。

妻が見慣れないワンピースを着ていたから、

「その服買ったの?」と聞くと、

「安かったから」と答える。

男性としては、「そう、買ったの」とか「前から持っているよ」

という答えを期待しています。

しかし、妻からの答えが「安かったから」

となると、その行間を考える能力は男性にはありません。

察することはできないのです。

女性からすると「(あなたに内緒で買ったのは)安かったから」ということです。

 

このように女性は、

男性からすると被害者意識が強いように感じることがあります。

 

ママ友とのストレスや職場の愚痴、

嫌な思いをぶつけて来るのです。

目的志向の男性からすると、

いろいろとアドバイスしたくなります。

こうした方がいいとか、こう考えてみたら、と言いたくなるのです。

そして、それが毎日続くと嫌になってきます。

 

しかし、女性がこの時に求めているのは共感なんです。

問題解決ではないのです。

男として、大きな心で女性の話を聞いて共感してあげます。

以上、まる。

アドバイスはいらないのです。

夫として、男として、ドンと構えていればいいのです。

氣にせず、話を聞き、共感したら、流します。

 

女性は誰かに話し共感をしてもらわないと生きていけません。

 

うるさいな、めんどくさいな、と思っても、

男性が大好きな女性とは、そういう生き物なのです。

うるさくて、めんどくさくても、女性がいないと男にはなれないのです。

男性は、女性からエネルギーをもらわないと強くなれません。

 

男女の違いを認め合い、愛し合いましょう。

 

それでも、心配、不安な話ばかりでめげるときは、

焦点を感謝に向けます。

妻の話を聞き、共感した後に、

自分が今日の出来事で感謝できることを話します。

そして、妻に「君が今日の出来事で感謝できることは?」と聞いてみましょう。

それで出てこなくても、強制せず、

毎日、妻の話を聞き、共感した後に自分の感謝の話をし、

妻にも尋ねる、これを継続し続けます。

妻への感謝を伝えれば、あなたへの感謝も帰ってくるかもしれません。

 

このテーマは、ブログコメントに対応していません。
ファイル名の末尾に「_xxx」等を付けて無効化すると、baserCMSの基本のコメントフォームを呼び出すことができます。