感情への共感が女性の癒し

男女の癒され方は違います。女性は、

話を聞いて共感されることで癒されますが、男性は、沈黙に癒されるのです。

男性のみなさんはもうお分かりですね。

女性は悩んでいる時には、話を聞いてもらい、共感してもらい、癒されたいのです。

話しを吐き出し、感情を共感されることで、痛みから解放されるのです。

 

しかし、男性は、終わりの見えない話、結論のない話、

感情の赴くままに、女性が話しているのを聞いていると、

だんだん、それを痛みに感じだします。

例えば、「今日、会社の山田さんちのお子さん、風邪ひいて熱が出たんですって、で、39度も出て、朝病院に連れて行って、、、、」

「帰りに駅で、ゆうちゃんのママに会って、ゆうちゃんも今日具合が悪いんですって、でヨーグルトやゼリーを買って、、、、」

「夕方のタイムサービスで、お刺身が安かったんだけど、色が今一つで、、、、」

「あっ、そうそう、会社でねトラブルがあって、、、、」もうダメです。

目的もはっきりしない、結論もわからない話を聞き続けるのは、男性は苦痛なんです。

反応できるとしても、「うん」くらいです。

話しの中身は途中から聞いていません。

意図して聞かないのではなく、脳に入ってこなくなるのです。

そのように女性が目的や結論を先に話してくれない場合は、

『君はどう思うの』とか、『君はどうしたいの』と聞いてみてください。

彼女の結論を話してくれると思います。

 

とは言え、男女の違いを認識している男性は、妻の話に頷いたり、

その思いに共感を示したりすることができます。

「そうなんだね」とか「それは大変だったね」くらいは返せるようになります。

「うん」から比べたら大きな進歩です。

このテーマは、ブログコメントに対応していません。
ファイル名の末尾に「_xxx」等を付けて無効化すると、baserCMSの基本のコメントフォームを呼び出すことができます。

テキスト3

AOS