商品ではなく、売る対象を変えてみる

商品を変えずに

売る対象を変えることで売上を上げる。

 

2020年のコロナ騒ぎでは、

多くの商売人が売る対象を変えるチャレンジをしました。

 

家電製造業がマスクを作り出したり、

ホテルが感染者収容施設となりました。

 

新たな商品を開発したり、

販売チャンネルを作れたところもあります。

次につながる動きです。

 

あなたが、まだ売る対象を変えて販売をしていないのであれば、

ここで一度考えてみて下さい。

今までと違う対象に売ることを。

 

飲食店であれば、来店するお客様以外の人はたくさんいます。

通販できるのであれば通販。

調理後のものだけではなく、

調理前の素材でもOKです。

レシピも必要としている人がいます。

オンライン飲み会に事前に料理を提供できます。

 

オンラインもたくさんあります。

メールや電話、FAXやDMもあります。

リストを変えるだけで、売る対象者が変わってきます。

同じ商品の販売でも、リストが変わり対象者が変わることで、

別の広告文が必要になります。

作業の流れは一緒でも、内容は変わります。

リスト営業は、簡単に売る対象を変えることができます。

 

今年は、いろいろと変化を促進することが起きやすい年です。

夏から秋の地震にも要注意です。

現在はあと5年くらいは続く、非常時です。

 

この世の変化は終わりませんが、

特に激しい変化が続く時代です。

売上を立てる手段を今まで以上に

数多く持つことでリスク分散が図れます。

 

このテーマは、ブログコメントに対応していません。
ファイル名の末尾に「_xxx」等を付けて無効化すると、baserCMSの基本のコメントフォームを呼び出すことができます。