マーケティングのアンテナを立てる

マーケティングとは、

様々な定義が言われていますが、

簡単にまとめると、

商売・ビジネスのパターンをつくり、

売上を立てるということです。

 

市場を調査し、市場をつくり、補強することで、

売上を上げ続けるのです。

この繰り返しです。

 

このようなマーケティングの

アンテナを立てるには、

どういう焦点を持てばいいのでしょうか。

 

まずは、売上を構成する3要素、

1.客数

2.単価

3.購入頻度

です。

 

この3つの切り口で、

商売・ビジネスのパターンをつくり

改善していくのです。

 

次にペルソナの欲が、

痛みを避ける欲であるのか、

快楽を得ようとする欲であるのか、

欲の方向性にもアンテナを立てるのです。

 

4.ペルソナの欲は、痛み避け、快楽得たい、

のどちらなのか、または両方あるのか。

 

3つの切り口とペルソナの欲、

さらに、

5.ペルソナが感じる五感、

このアンテナも立てられると、

格段に学びが進みます。

 

そして、

6.ペルソナが得たい感情がわかると、

ストーリも簡単に描けます。

 

最後に、何よりも簡単で強力なのが、

真似ることです。

同業の先輩の中で、

千客万来の商売・ビジネスの真似をするのです。

 

アンテナを常に立て続けると、

異業種の客数、単価、購入頻度や、

ペルソナの欲や五感、

そしてペルソナが得たい感情も感じられるようになってきます。

 

そうなると、自分の商売・ビジネスの

改善案や飛躍させる案が浮かんでくるのです。

 

自分の商売・ビジネスの既知と

他社(者)の商売・ビジネスの自分の未知が出会うとき、

新たなストーリーが描けるのです。

 

このテーマは、ブログコメントに対応していません。
ファイル名の末尾に「_xxx」等を付けて無効化すると、baserCMSの基本のコメントフォームを呼び出すことができます。