他人に得たい結果を得る「お願い」をする

 自分一人の力だけでは、物事を成し遂げることができないこともあります。そういう時は、遠慮せずに、声を上げるのです。助けてほしい時は「助けてください」とお願いするのです。道案内であれば、通りすがりの人でも協力してくれます。自分では恥ずかしいと思うようなことでも、他人はそれほど氣にしていません。他人に助けてもらうという、学びの経験は誰にでもあるのです。お互い様なのです。

 商売・ビジネスでも、声を上げれば助けてもらえることもあります。既存の取引先や既存のお客様であれば、お願いを聞いてくれる可能性は大です。その時には、お願いする理由を添え、特別なオファーも付けることが必要です。

夫婦関係でも、お互い謙虚で素直になれば、助け合えるものです。しかし、マウントを取ったり、優越感情に浸りたい人は、お願いしても後でそれ以上の負担を強いられることもあります。謙虚で素直になれない相手には、お願いをしても期待はしない方がいいのです。

 アラジンの魔法のランプのごとく、あなたの願いをかなえてくれる資源を持っている人がいるのです。あなたの夢、願いをかなえる資源を持った人はどんな人でしょうか。その人にどのようにお願いするといいのでしょうか。その資源を持った人の役に立つために、あなたは何ができるのでしょうか。そして、どのようにそれをアピールするのでしょうか。

 あなたから声を発しましょう。泣いていて、誰かが声をかけてくれるのを待っている場合ではありません。

 自社でクリーニング業を営むときに国家資格であるクリーニング師さんが必要でした。Indeedやマイベストジョブ等に募集広告をうち、職安にも登録したものの1か月間応募ゼロでした。そこで100人を超える友人知人や取引先に「ご紹介ください」とお願いをしました。すると、ほどなくして友人から紹介されました。その数日後には取引金融機関から1名、また募集広告でも1名と合計3名のご縁が現れました。

 あなたの得たい結果を「お願い」しましょう。100人声掛けして叶わない場合は、さらに100名と追加するのです。また、声をかけた人々に、どうしたら得られるようになるのか意見を求め、取りうる手段はすべて取るのです。あなたの声は届くのです。

このテーマは、ブログコメントに対応していません。
ファイル名の末尾に「_xxx」等を付けて無効化すると、baserCMSの基本のコメントフォームを呼び出すことができます。

テキスト3

AOS