パターン認識

パターン認識とは、物事をパターンで認識し、

そのパターンを変えたい場合は破壊し、新たに構築し、そして補強するというものです。

 

例えると、料理のレシピです。

その料理のレシピの認識とは、

材料、道具、温度や湿度、順番、から盛り付け、口上などです。

そのレシピの認識ができたら、

そのレシピを壊し、新たに構築します。

材料を加えるのか、減らすのか、変えるのか。

温度や順番、調理方法をどうするのか。

盛り付けや口上は、どうするのか。

 

例えば、肉じゃがをつくろうと料理を始めて、

冷蔵庫を見たら肉がない。

ここで、肉を買いに行く、という選択もできます。

パターンを認識し、そのパターンを遂行する、ということです。

 

棚を探すとカレー粉はある。

ここで、元のパターンを壊し、

カレー作りという新たなパターンを構築する。

 

カレーが出来上がったら、

食卓で、「今日はおいしいカレーができたよ♡」

と、補強する。

 

このようなことを意図して行うこともできます。

料理だけではなく、

仕事の進め方や人の行動パターンなど、

様々なことでパターン認識をすることで、

そのパターンを壊し、新たに構築し、補強することができます。

 

いつも間食が多くて、痩せたい場合は、

まず、間食のパターンを認識します。

家に帰り、手を洗い、それから冷蔵庫の前に行く。

で、右手で扉を開け、アイスクリームを取り出し食べる。

 

今後は、家に帰り、手を洗い、着替える。

それから冷蔵庫の前に行く。

で、左手で扉を開け、

「今日はいらない」と言う。

それから食べてもいい。

 

パターンを足したり引いたり、

変えることで、元のパターンは壊れていきます。

 

新たなパターンをつくるときは、

意識的に新しい言動をとり、

脳に教える必要があります。

 

このテーマは、ブログコメントに対応していません。
ファイル名の末尾に「_xxx」等を付けて無効化すると、baserCMSの基本のコメントフォームを呼び出すことができます。