根拠のない自信が男を育てる

男には余裕が必要です。

女性がこの男は余裕がないと感じると見下されるのです。

見下されて、バカにされて終わるのです。

カッコイイ男、包容力のある男、行動力のある男、

モテる男、知的な男など、様々な男の価値基準はありますが、

余裕がある男、何があっても動じない男が男としての魅力なのです。

 

自分で「俺はモテるんだ」といくら言ったところで女性にはバカにされるだけです。

女性に「この男は私の身体が目的」と思われると

「余裕のない男」と思われ上手くいきません。

逆に不思議なことに他の女性と関係がある男性からは

「身体目的の女性が欲しい」というギラギラ感が出ていないので、

安心して近づけ、またなぜか他の女性と関係がある男性に女性は惹かれやすいのです。

なぜか他の女性のお墨付きで安心感を感じるのです。

 

 夫婦であると妻からの圧力ではなく、

自分の責任感や価値観で自分自身を追い込み余裕がなくなることがあります。

自然な自分ではなく夫婦を演じている感覚、男児かくあるべしと自分を追い込むことは、

外からの社会的圧力ではなく、自らの思いや考え方で自分で余裕をなくしている状態です。

女性の本能である喜ばせて欲しい楽しませて欲しいに応えるのが苦手、

妻を金銭的精神的に支えるのが苦痛、と自分で余裕を失っているのです。

 

 そんな時は、本音で妻に悩みや思いを聞いてもらうのです。

日頃妻の話を聞いて共感しているように、妻に聞いて共感してもらうのです。

話すだけで、何か結論を夫婦で出す必要はありません。

夫であるあなたの余裕をつくるために妻に話を聞いてもらうのです。

 

そして、男として根拠のない自信を持つのです。

自信に根拠はいりません。その根拠のない自信が、

動じない姿勢、一貫性、そして余裕のある男として認識される素となるのです。

 

仕事も同じです。根拠のない自信があなたを育てます。

このテーマは、ブログコメントに対応していません。
ファイル名の末尾に「_xxx」等を付けて無効化すると、baserCMSの基本のコメントフォームを呼び出すことができます。

テキスト3

AOS